屋根修理・屋根リフォーム・屋根葺き替え・屋根工事・雨漏り修理など屋根の事なら東京日野市の鈴木瓦店本店へ。

1966年創業。東京日野市の瓦店。新築・屋根替え・葺き直しから、雨漏り修理・雨どい清掃、大規模屋根改修工事等まで、屋根工事なら鈴木瓦店本店へお任せ下さい!

「屋根をオーダーメイドする。最高です。」鈴木瓦店本店ブログ

  • 屋根工事Q&A 屋根工事に関するよくあるご質問をまとめました!
  • スタッフ紹介 屋根のことなら私達にお任せ下さい!
  • 屋根の耐震リニューアル 当店独自の高耐久性耐震工法のご紹介です。
  • 新素材ROOGA 耐震性もエコも!新素材ROOGAのご紹介です。

株式会社鈴木瓦店本店

全日本瓦工事業連盟

鈴木瓦店本店のブログ

東京都日野市にあるすずきかわら店は僕の生まれた所。皆さんには、本当に良い物を届けたい。
だからどんな事をしているか紹介していきますよ。

美観と機能性の向上・集合住宅改修

投稿日:2021年05月18日

今週より、東京も梅雨のような天候となっており蒸し暑い日が始まっています。

工事日程が変動していることもあり、お待たせしている皆様にはご迷惑をおかけしておりますが、

今しばらくお待ちください。

GW前ぎりぎりに完了した、集合住宅の外装改修工事です。

私共の最も得意とする改善施工となります。

オーナー様より、前回施工した物件についても好評をいただいて、今回はシングル屋根材での

リフォーム工事となりました。シングル屋根材の熱対策として2重野地で施工し、今工事では

別建材用の近似色の石付き棟板金と換気棟を使用し、機能性と美観の向上に努めています。

異素材どうしながらも、シングル屋根材と棟板金・換気棟が違和感なく収まっています。

雨樋も半丸の樋から、大型のパナソニック製雨樋に更新し、ゲリラ豪雨に対応できるような

雨樋となっています。

オーナー様が別途ご依頼された、外装の塗装とマッチした上品な住まいになりました。

住まいは、機能性だけではなく美しさも重要な要素です。ご自宅や、集合住宅のオーナーの

方々も、美観と機能の向上、在宅勤務での快適な住まいについてご相談があれば、いつでも

ご連絡してください。最適なご提案を致しますよ。

 

 

コメントを表示

猛暑対策

投稿日:2021年03月31日

いよいよ、春を迎え花粉の時期と共に4月間近となってきました。

世間の状況はかわらずですが、温かさと共に状況が改善されることを

願っております。

弊社が大変お世話になっている、元請会社様の大工さんの家をリフォーム

することなり、様々なご提案をおこなっておりました。

最終的に、スレートの平屋を遮熱防水シートと通気口を設けて、遮熱の瓦と

空気排出口付きの粘土を使わない棟工事で施工しました。

冬の寒さはさほどではないものの、夏の暑さは年々増すばかりです。

直接下地に固定する、アスファルトシングル・ガルバリウム・スレートの

屋根は、居住性に難ありですが永久遮熱の陶器瓦については、居住性の向上は

他には変え難いものがありますよね。

桜色の瓦はとても美しいですよね。遮熱対策は、最も得意な工事です。

ご相談、受け付けております。

 

コメントを表示

お手入れはお早めに

投稿日:2021年02月12日

年始は緊急事態宣言の影響もあり、遅めのスタートとなりました。本年もよろしくお願いいたします。

年始より一か月は経過しましたが、最近お問い合わせとして「お客様の屋根がずれています。」

「近くで工事して壊れているのが見えました」などと、実際に問題のない住まいにお声がけして

お客様の不安を煽るような、悪質な営業が増えているようです。

お声がけまでならば注意喚起で問題ございませんが、屋根を破壊して写真を撮っていったり、針金を

切っていったりビスを抜いたりと、考えられないような事案がありました。

皆様におかれましても、ご連絡があった際にはその場で修理や調査をしてもらうのではなく、お近くの

建築会社や、屋根の専門業者にご依頼をしてください。全日本瓦工事業連盟でお探しいただくと、近くの

屋根やさんが見つかりますのよ。ご参考になさってください。

住まいを、リフォームした際に瓦Uで改修したお客様から、ご相談を頂く機会が増えてきました。

最近もご相談頂いた物件では、破損した屋根材が近隣に落下しているほど、劣化が進んでいました。

ご不安な点も多いかと思いますが、撤去・改修案含めて近隣の専門業者にご相談ください。

弊社では、住まいの現状に合わせていくつかのご提案をさせていただいております。

台風前に点検をお忘れなく!

 

コメントを表示

2020暮れの行事

投稿日:2020年12月11日

2020年は激動の年となり、皆様におかれましてもご不安を抱えながらお過ごしかと思います。

そんな一年もあと残りわずかとなりました。

弊社にとっても、今年は様々な困難な中での一年となり、年末まで様々なチャレンジが必要な

一年でした。

本年も皆様に支えられ、無事に一年を統括して工事を終えることができそうです。

そんな中、2020年度のケイミューデザインアワードにて2年連続で受賞することができました。

従業員一同、とても励みになり感謝しております。

来年度も、さらなる飛躍を誓って本年の残りの工事においても全力で施工致します。

来年も皆様のお役に立てる企業を目指して精進してまいります。

コメントを表示

歴史を紡ぐ工事

投稿日:2020年11月05日

11月は暮れに向けてのラストスパート。千葉の台風復旧工事の最後の1件や、暮れまでに

仕上げなければならない現場。酉の市など行事が様々です。

夏過ぎから始まっている、都内某所の入母屋と青銅瓦の改修工事も大詰めに近づいています。

仕上がりがとても楽しみですが、担当者も正念場で鋭意精進しているところです。

今年は台風の影響を受けず、作業はコロナ禍ではありますがおかげさまで順調に?進んでいます。

和型の瓦にも最新の耐震性・耐風対策を兼ねたガイドライン工法を加えながら、独自の

エッセンスを加えて施工しています。

地震・台風対策はもちろんのこと、美しい屋根を目指して日々精進しています。

皆様の期待値を超える満足を目指して、今日も工事が進んでいます。

コメントを表示

ツールバーへスキップ