屋根修理・屋根リフォーム・屋根葺き替え・屋根工事・雨漏り修理など屋根の事なら東京日野市の鈴木瓦店本店へ。

鈴木瓦店本店のブログ

東京都日野市にあるすずきかわら店は僕の生まれた所。皆さんには、本当に良い物を届けたい。
だからどんな事をしているか紹介していきますよ。

台風養生 飛散物の撤去は早めのご連絡を。

投稿日:2016年09月08日

夏の終わりから毎週のように台風が近づいています。関東の水がめについては、十二分に補充されたことだと思います。

最近の天候は、過去10年以上と比較して極端な暑さと寒さが続き、日本らしい四季のある天候とはかけ離れています。

労働環境も35度を超えるような暑さで非常に厳しい状況が続き、ようやく夏の暑さを過ぎると大型の台風によって

工事の遅延が続いています。

皆様からのご相談で、屋根頂上部の鉄板飛散や雨樋のずれなど、屋根に付帯する工事についても多数お問い合わせが

続いています。

どこに連絡したらわからない工事などは、元々のお住まいを建てられた大工さんが対応してくれます。地域の相談所として

ご近所の良心的な大工さんと、普段からお付き合いしておくと頼りになりますよ。

お近くに相談できる方がいない場合でも、多摩エリアの皆様は私にご相談いただいても頼りになる大工さんをご紹介いたします。

もちろん、外構廻りの工事については、細かな課題も弊社までお気軽にご相談ください。

9号・10号と連続した台風では、マンションから戸建てまでさまざまに漏水・飛散のご連絡を頂いています。

一時補修などを行いながら、各地に飛び回っています。

先日も、お客様から屋根と破風が飛んで行ってしまった。すぐにでも補修してほしいと連絡がありました。とても大事になったと

お伺いしたところ、棟板金の飛散が起こっていました。応急措置をしてすぐに補修が完了しました。屋根から板金がぶら下がって

いたら心配になりますね。

緊急工事については、順番をいれかえて対応しています。お住まいの状況でわからない場合は、皆様の言葉で具体的にご報告を

頂けると、対応も早く費用も抑えることができますよ。お近くの工事店にご相談される際は、覚えておくと良い点ですね。

%e5%8f%b0%e9%a2%a8%e6%a3%9f%e6%9d%bf%e9%87%91%e9%a3%9b%e6%95%a3

コメントを表示

もうすぐ梅雨明け。遮熱ルーフィングの効果

投稿日:2016年07月19日

夏休みもつかくなった7月ですが、近所の幼稚園でもプールが始まっています。今年の夏はとにかく暑いとの噂ですが、屋根工事も

水分補給と熱中症対策に気を付けながら、工事を進めています。

ぐずついた天候で、お待たせしておりますお客様には、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。お盆前までにお引渡しが完了

できるよう、工事ピッチを今週から上げていきます。今しばらくお待ちください。

梅雨の合間を縫って、軽量化と遮熱防水の工事を夏までに進めています。いくつかの物件では大変ご好評を頂いておりまして、

来週以降でもこの樹脂屋根材ルーガと遮熱ルーフィングの組み合わせで工事を予定しています。

特に最近新聞や電車内広告、ネット広告でも見かけるルーガのお問い合わせを多くいただいております。

ガルバリウムやシングル、スレートなどの下地に直に固定する屋根材と違い固定木を介して屋根に取り付けを行う為、経年劣化の雨漏りの

心配が少ない事と、遮熱防水シートとの組み合わせで夏の2Fの熱ざめが早くなったと好評を頂いています。お子様のお部屋が2Fで

寝苦しい日々をお過ごしになられている際には、このような屋根材+遮熱ルーフィングの組み合わせはとても有効ですよ。

遮熱方形 遮熱方形②

ルーガ鉄平で方形屋根をお選びいただく際には、大型の換気棟を取り付けることで、結露対策も万全になり住まいを清潔で長持ちさせる

効果が持続しますよ。

診断だけの希望でも、お気軽にご相談ください。

コメントを表示

屋根を軽量かつ快適に

投稿日:2016年06月22日

梅雨の真っただ中に入り、工事の予定を組みにくい時期になっています。関東は水不足も言われていますので、恵みの雨となれば

よいのですが。

今年は弊社50周年を迎えます。何か秋口までには企画も考えていますが、ご要望もお待ちしておりますのでご意見ございましたら

お気軽にご投稿ください。

現在、あと一息の現場で陶器瓦から軽量の樹脂屋根にリフォームしている物件が、地元日野市でございます。

この工事をさかのぼること数年前に、息子さんのご自宅を同じ屋根材でリフォームした事からのご縁で、ご実家をご紹介いただきました。

今回の工事では、屋根材の下の防水シートも遮熱防水シートにアップグレードして、頂上箇所にも小屋裏換気対策を設けて、

住まいの快適性を向上させ、耐震性に寄与する工事としています。

軽量化だけでは、住みやすい住まいとは言えませんから、外観美と併せて暮らしやすさの向上も工事の大切な目標にしています。

もう間もなくお引渡しですが、足場の外れた住まいを早くお客様に見ていただけるように、全力で取り組んでいます。

ルーガ鉄平工事前方形ルーガ鉄平工事後方形

コメントを表示

金沢研修

投稿日:2016年06月07日

梅雨の入り口に入ったようで、安定しない天気が続いています。東京もどんよりとした天気ですが、雨の合間を縫って作業の遅れを

取り返しているところです。台風前に点検箇所でお気づきのところや、お困りごとがございましたら、お気軽にご相談くださいね。

最近の訪問業者でお困りの皆様から、ご相談を沢山受けております。ご相談は無料ですから、不安なことがあればお近くの

全国瓦工事業連盟所属の工事店へご相談ください。

少し前の話ですが、金沢に研修に行きました。趣のある住まいや庭園など、本当に魅力的な場所です。

新幹線のおかげで日帰りでもあっという間に遊びに行くことができますね。どの場所に行っても、屋根ばかりに目が向いてしまいます。

黒い釉薬の瓦や赤褐色の瓦が多くみられ、土地特有の風情があります。

ただ、街中を外れると最近はチェーン店が多いので、どこにいるのかわからなくなってしまいます。便利な世の中も、地域性を担保するのが難しいですね。

金沢・兼六園金沢・茶屋街金沢・武家屋敷

最近の工事では、陶器瓦での施工がかなり少なくなってきた印象です。安全性と機能性を併せ持つ、瓦屋根の文化の普及にも力を入れていきたいと

強く思いました。

 

 

コメントを表示

古い波型スレート・瓦Uの改修 

投稿日:2016年04月30日

GWの入口になりました。天候も安定しそうですし、色々な御計画を立てられていることでしょう。

工事中の物件を、休み前になんとか収まるようギリギリの調整で進めています。

そのギリギリの一つで、かなりハードな施工になりました国分寺の古い波型スレートの物件です。

すでにメーカーサポートもなく、触れるだけで粉々になるような通称「瓦U」と、その下の板金屋根を

撤去して、新規に遮熱スレート材で施工し、緩い勾配の個所は同色のシングル葺きで仕上げました。

撤去時にかなりの強風で、飛散防止にかなり気を遣いましたが、小屋裏に伝わる熱伝導を抑える効果の

遮熱スレートと、止水性の高いシングル屋根材で施工することで、御懸念されていた居住性の向上と

劣化抑止に大きな効果を得られそうです。

劣化波型スレート(前)劣化スレート(後)

コメントを表示