屋根修理・屋根リフォーム・屋根葺き替え・屋根工事・雨漏り修理など屋根の事なら東京日野市の鈴木瓦店本店へ。

鈴木瓦店本店のブログ

東京都日野市にあるすずきかわら店は僕の生まれた所。皆さんには、本当に良い物を届けたい。
だからどんな事をしているか紹介していきますよ。

屋根を軽量かつ快適に

投稿日:2016年06月22日

梅雨の真っただ中に入り、工事の予定を組みにくい時期になっています。関東は水不足も言われていますので、恵みの雨となれば

よいのですが。

今年は弊社50周年を迎えます。何か秋口までには企画も考えていますが、ご要望もお待ちしておりますのでご意見ございましたら

お気軽にご投稿ください。

現在、あと一息の現場で陶器瓦から軽量の樹脂屋根にリフォームしている物件が、地元日野市でございます。

この工事をさかのぼること数年前に、息子さんのご自宅を同じ屋根材でリフォームした事からのご縁で、ご実家をご紹介いただきました。

今回の工事では、屋根材の下の防水シートも遮熱防水シートにアップグレードして、頂上箇所にも小屋裏換気対策を設けて、

住まいの快適性を向上させ、耐震性に寄与する工事としています。

軽量化だけでは、住みやすい住まいとは言えませんから、外観美と併せて暮らしやすさの向上も工事の大切な目標にしています。

もう間もなくお引渡しですが、足場の外れた住まいを早くお客様に見ていただけるように、全力で取り組んでいます。

ルーガ鉄平工事前方形ルーガ鉄平工事後方形

コメントを表示

金沢研修

投稿日:2016年06月07日

梅雨の入り口に入ったようで、安定しない天気が続いています。東京もどんよりとした天気ですが、雨の合間を縫って作業の遅れを

取り返しているところです。台風前に点検箇所でお気づきのところや、お困りごとがございましたら、お気軽にご相談くださいね。

最近の訪問業者でお困りの皆様から、ご相談を沢山受けております。ご相談は無料ですから、不安なことがあればお近くの

全国瓦工事業連盟所属の工事店へご相談ください。

少し前の話ですが、金沢に研修に行きました。趣のある住まいや庭園など、本当に魅力的な場所です。

新幹線のおかげで日帰りでもあっという間に遊びに行くことができますね。どの場所に行っても、屋根ばかりに目が向いてしまいます。

黒い釉薬の瓦や赤褐色の瓦が多くみられ、土地特有の風情があります。

ただ、街中を外れると最近はチェーン店が多いので、どこにいるのかわからなくなってしまいます。便利な世の中も、地域性を担保するのが難しいですね。

金沢・兼六園金沢・茶屋街金沢・武家屋敷

最近の工事では、陶器瓦での施工がかなり少なくなってきた印象です。安全性と機能性を併せ持つ、瓦屋根の文化の普及にも力を入れていきたいと

強く思いました。

 

 

コメントを表示

古い波型スレート・瓦Uの改修 

投稿日:2016年04月30日

GWの入口になりました。天候も安定しそうですし、色々な御計画を立てられていることでしょう。

工事中の物件を、休み前になんとか収まるようギリギリの調整で進めています。

そのギリギリの一つで、かなりハードな施工になりました国分寺の古い波型スレートの物件です。

すでにメーカーサポートもなく、触れるだけで粉々になるような通称「瓦U」と、その下の板金屋根を

撤去して、新規に遮熱スレート材で施工し、緩い勾配の個所は同色のシングル葺きで仕上げました。

撤去時にかなりの強風で、飛散防止にかなり気を遣いましたが、小屋裏に伝わる熱伝導を抑える効果の

遮熱スレートと、止水性の高いシングル屋根材で施工することで、御懸念されていた居住性の向上と

劣化抑止に大きな効果を得られそうです。

劣化波型スレート(前)劣化スレート(後)

コメントを表示

雨の日を楽しむ

投稿日:2016年03月19日

先月、今月と集合住宅の改修が続いておりますが、本日はあいにくの天気ですね。昨日の快晴の中での工事では、スカイツリーもよく見えて

気分良く工事が進んでおります。

青戸・スカイツリー

今月は特に雨が多く、施工速度もかなり落ちていますが英気を養い週明けからの作業に備えたいと考えております。

今月にご要望がありました、八王子近辺のお客様のところに雨水タンクレインセラーの取付を行ってきました。

そこそこの雨量があれば、150mlのタンクなどすぐにいっぱいになるほど集水能力の高いタンクですが、非常用の水源はもちろんのこと

これからの季節に、畑やお花への水やりにも最適です。

レインセラー

我が家でも大活躍しています。水道の取り出しが不便なお住まいなど重宝ですよ。

コメントを表示

集合住宅の改修 埼玉県

投稿日:2016年02月08日

立春を過ぎたものの、春待ちわびる季節です。屋根上では寒暖差を強く感じるため、春の季節感を

皆さんより早く体感しています。

2月3月と、春先までは集合住宅の改修工事が続いております。当月の埼玉県での工事は、既に廃番と

なりました瓦Uの補修を行いながら、雨樋の交換や点検など諸々行っております。

圏央道が昨年に開通したおかげで、今までよりもかなりの時間短縮でお伺いできるようになりました。

今回の工事では、頂上部位の鳥の巣対策も同時に行い、屋根内部に侵入しにくくする措置も行って

います。

埼玉県幸手

思ったほどの降雪も無く、今年は天候に恵まれる事を期待しつつ、工事の締め切りに追われています。

 

コメントを表示