屋根修理・屋根リフォーム・屋根葺き替え・屋根工事・雨漏り修理など屋根の事なら東京日野市の鈴木瓦店本店へ。

鈴木瓦店本店のブログ

東京都日野市にあるすずきかわら店は僕の生まれた所。皆さんには、本当に良い物を届けたい。
だからどんな事をしているか紹介していきますよ。

冬前の点検 屋根の調査

投稿日:2013年09月28日

台風被害の屋根工事も一段落しかけてきて、ようやく計画工事に入れます。秋めいた

季節が、日に日に増してきますね。

冬の前に雪止めの取付や、棟の積み直し等気になるところを点検しておく必要が

ありますね。漏水や落雪被害があってからでは遅くなってしまいますので、対応は

お早めに。

今回も多くのお問い合わせを頂きました、台風や地震に強い防災工法での棟の積み直し

も、積極的にお勧めしています。皆様のお住まいも、軽量化以外でも出来る防災対策が

ありますよ。お問い合わせはメールでも電話でもお気軽になさってくださいね。

コメントを表示

瓦の再利用と遮熱工事ー事務所で実験

投稿日:2013年09月12日

ようやく秋めいた季節が所々に見え始め、工事も気持ちよく進める事が出来ています。

そうはいっても、かなりのハイペースで進めているのですがなかなか思うようには行きませんね。

施工の合間を縫いながらも、事務所の屋根を防災工事と遮熱化の実験を進めています。

割りと需要の多い、防水シートから遮熱化して間接固定の屋根材を使った防災工事にリフォームする

工事ですが、やはり室内側に入り込む熱量は以前と比べてピーク時には5°程遮熱出来ています。

青いグラフが小屋裏内の気温の変動なのですが、瓦の無い状態で防水シートのみの時間は割りと高い数字ですが

瓦が復旧された後は、既存状態と比較して、最も暑い時間帯でも5度ほど低く、日の陰りと共に熱が一気に引き

快適な温度を維持されている事が分かります。

和風の瓦でも全て釘止めし、防災工法と遮熱の両方を追加していますから、夏涼しく冬暖かい住まいに変わった事が

分かります。

皆様のお住まいも、屋根から防災と遮熱をかんがえてみませんか。電気に頼らない知恵と工夫で住まいを快適に替える

お手伝いをいたしますよ。

 

コメントを表示

遮熱工事の施工ー完成 最近のトレンド

投稿日:2013年09月03日

9月の始まりも暑い日でのスタートです。千葉や埼玉では突風や竜巻も起こっている

ようです。屋根工事に於いても、地震対策は勿論の事、強風対策も必須になっていますね。

弊社の防災工事は、地震や台風に対して強固にお住まいをお守りする工法です。

どんな屋根材でも、メリット・デメリットがありますから製品特性を見極めて工事を行う必要が

あります。お悩みごとはいつでもご相談ください。

さて、スレートの屋根から重量を加算する事無く、ガルバリウムには無い快適性と静音性、遮熱

性能を向上させた工事も完了しました。

重厚感も増し、お客さまにも大変ご好評を頂く事が出来ました。

今回は、カラーバランスを整える為に雪止めを特注しシーリング部位を塗装しています。

住まいの品質と外観美が向上すると、家に帰る事が楽しくなりますね。

コメントを表示

遮熱工事の施工 最近のトレンド

投稿日:2013年08月27日

お盆明けから、遮熱リフォームと瓦再利用の遮熱リニューアル工事が続いています。

陶器瓦の場合、瓦の再利用と防災工事は当然ながら可能なのですが下地部分から

遮熱工事を追加して、部屋内の快適度をアップして防災工事をご希望されるお客様が

増えています。

今回は、瓦の再利用をしながら防災工事と遮熱工事を行う遮熱リニューアル工事と

古いアスベスト含有のコロニアルを撤去し、下地を調整した上で同じ重量で瓦のような快適性と

軽量化が可能な屋根材と遮熱工事を組み合わせた遮熱リフォームを行っています。

当然の事ながら、夏の暑さを屋根から改善し冬の寒さからも住まいを守る工夫を行っています。

残暑からも守りながら冬支度も兼ねた工事を、気持ちよくお過ごし頂く為に汗をぬぐいながら

進めています。

コメントを表示

快適な新築工事ーS型の陶器瓦とガラス瓦 府中市

投稿日:2013年08月09日

今週はいつにも増して暑い日が続いています。明日までにお引渡しをしたい改善リニューアル工事と

S型の陶器瓦の新築工事、雨漏り調査と目白押しです。

残りは1F部分をお盆明けに再開するS型の新築工事も2Fは無事に完了です。

こちらは、長く快適にお過ごし頂く為に防水シートを遮熱性能も加えた物にアップグレードし、最近では

めずらしくなった、北側の採光を取り入れる為のガラス瓦を採用しています。

採光というとトップライトで光を取り入れる事が主流となっていますが、ガラスの瓦を使用すると同形状の

寸法で収めが可能になるために、漏水の心配や突風などによる雨漏りのリスクを減らす事が出来ます。

一年を通じて快適な生活と、防災性を考えた施工で地震や台風などから飛散する事も無い住まいが

もう一息で完成予定です。

コメントを表示