屋根修理・屋根リフォーム・屋根葺き替え・屋根工事・雨漏り修理など屋根の事なら東京日野市の鈴木瓦店本店へ。

1966年創業。東京日野市の瓦店。新築・屋根替え・葺き直しから、雨漏り修理・雨どい清掃、大規模屋根改修工事等まで、屋根工事なら鈴木瓦店本店へお任せ下さい!

「屋根をオーダーメイドする。最高です。」鈴木瓦店本店ブログ

  • 屋根工事Q&A 屋根工事に関するよくあるご質問をまとめました!
  • スタッフ紹介 屋根のことなら私達にお任せ下さい!
  • 屋根の耐震リニューアル 当店独自の高耐久性耐震工法のご紹介です。
  • 新素材ROOGA 耐震性もエコも!新素材ROOGAのご紹介です。

株式会社鈴木瓦店本店

全日本瓦工事業連盟

2020年2月の投稿一覧

災害復旧工事

投稿日:2020年02月05日

暖冬の年始が続いていますが、皆様体調は如何ですか。

コロナウイルスに恐怖を抱きつつ、一刻も早く災害復旧が進むよう

工事を進めております。お待たせしている皆様、順番が解消されつつ

あります。今しばらくお待ちください。

昨年の台風は雨台風であったため、見た目には問題ないけれども、雨漏りが

起きている現場が多く見受けられました。

瓦の経年劣化と共に、年数経過で劣化が進行してくる主たる部分は

防水シートです。

近年の防水シートの進歩は素晴らしいものがありますが、20年以上前の

住まいでは過渡期の材料が多く使われています。

ビニール系の複合シートもその代表で、年数経過とともに口空き・穴あき

引き裂けが多く見られます。通常の雨では、瓦の機能で雨が漏ってくる事は

ないのですが、風を伴う雨の際には漏水につながるケースが多く、

瓦が再利用可能でも、屋根材ごと交換される工事が増えてまいりました。

剥がれない材料も素晴らしいのですが、飛ばない施工で快適性の向上を

行うことも大切な仕事の一つです。

昨年から、瓦再利用の上で防水シートを更新する工事も若干ながら増えて

おります。建物の健全性があってのことですが、引き続き住まいを守る

瓦屋根も再利用というエコロジーにつながっていますね。

大切な住まいをお守りできる工事を心がけてまいります。

コメントを表示

ツールバーへスキップ