屋根修理・屋根リフォーム・屋根葺き替え・屋根工事・雨漏り修理など屋根の事なら東京日野市の鈴木瓦店本店へ。

2013年6月の投稿一覧

台風前の準備ー屋根点検

投稿日:2013年06月29日

6月は梅雨の影響で工事の進捗が思った以上にはかどらない、長雨の月と

なりました。雨漏りの点検依頼も多い月でしたが、工事着工が遅れていくとても歯がゆい

日が続いています。

さて、梅雨明けと共に心配事の一つとして台風に対しての備えです。

スレート屋根や板金屋根は、塗装後に加速度的に老朽化する事が多く見受けられます。

それは、水切れ対策の有無が関係します。屋根部分に限らず、板金部位の下地にも影響が

あります。

先日お伺いした雨漏りの物件では、漏水の一番の原因は防水層の劣化が最大の要因ですが、

塗装による板金下の木部が腐食し、傘になる板金が吹き飛ばされていました。

これからのシーズン、このようなお問い合わせが多くあります。屋根にお気づきの点がございましたら

些細な事でもご相談ください。

コメントを表示

防災工法の講習会

投稿日:2013年06月18日

梅雨らしい天気で工事の進捗が思う通りにいかないこの頃ですが、雨漏りのご相談も

増えています。ちょっとした瓦のずれから、雨樋等さまざまなお問い合わせを頂いて

いますが、天気と相談しながら調査していますので、大分遅れがでていました。

今日も6件ほど調査にお伺いしていましたが、訪問工事の営業で指摘された事項などで

心配な部分をご相談頂いたものがございました。

屋根診断については、外観や写真だけでは判断するのが困難です。飛び込み営業で

不審な点があった場合は、お近くの全日本瓦工事業連盟の所属店にお気軽にご相談ください。

適切な処置と良い知恵がありますよ。

そんな事を言いながらも、わが社の工事自体もかなりズレがおきていますが、外観美と機能性に

優れた屋根工事を行っていますので、いましばらくお待ちください。

さて、日曜日に防災工事のガイドライン工法の説明会に水道橋まで全社員で行ってきました。

どのような屋根材を使っても機能性と外観美を伴った工事にするには、経験と知識の両方が

不可欠です。

弊社の工事は、防災工事と屋根改善工法を最も得意としていますので目新しい知識は特には

無かったのですが、自分の工事を再確認するという意味ではとても大切な物になりました。

休みの日で職人も疲労が取れにくいこともありますが、正しい知識を共有するするのには意義深い

ものになっています。

コメントを表示

瓦のシーリングにご注意。 

投稿日:2013年06月05日

梅雨宣言の後、全く降らずに夏空のもとで工事を進めています。最近は風と雨の影響で

工事の進捗が大幅に狂っていましたので、本格的な梅雨入りを前にピッチを上げて

工事を進めています。

さて、今週も陶器瓦の改善リニューアル工事、棟の高耐久工事など盛りだくさんで進めていますが

週明けにお伺いしました雨漏りの調査依頼の物件です。

陶器瓦のあらゆる箇所を地震対策と言って、シーリングされた建物なのですが防水シートの劣化が

進んでいる屋根に、ぴっちりとシーリングをしていました。

瓦は隙間がある事で、調湿と余分な雨の排水がなされるのですが、シーリングを行った事で

機能的な部分が全て阻害されていました。

この状況で葺き直しを行っても、シリコンの接着面を剥離する手間や剥離後の汚れが目立って、

せっかくの機能性と外観美も台無しです。

飛び込みの営業や、近所で工事を行っているついでに診断しますと言った売込みにご注意ください。

不審に思われる事があれば、お近くの全日本瓦工事連盟加盟店にお問い合わせください。

 

コメントを表示