屋根修理・屋根リフォーム・屋根葺き替え・屋根工事・雨漏り修理など屋根の事なら東京日野市の鈴木瓦店本店へ。

2013年1月の投稿一覧

雪止めを取り付ける。 雨樋や植え木を守る工夫

投稿日:2013年01月25日

昨年は2月の末にかなりの積雪があった東京ですが、今年は既に雪が降っていましたね。

日野辺りは、いまだ路肩に雪の残っている所もありますが願わくば降らない事を祈っています。

雪慣れしていない東京では、少しの雪でも交通もマヒしがちです。そして、最近ではソーラーや

ガルバリウム屋根の落雪で、お隣のガレージや植え木を壊してしまったというご連絡が多くなりました。

金属の屋根やソーラーパネルに積もった雪は、外気温の上昇で金属面やガラス面との間に水が

流れ始めると、全ての雪が一気に滑り落ちていきます。

屋根材によっては、後付けの雪止めが取付られない形状の物もありますから、施工前に取付業者に

相談するのが望ましいですね。

さて、カラーベストや瓦の屋根でも、落雪被害の問い合わせを今だ頂いています。一時に比べると大分

少なくなりましたが、お隣や通行人に被害が出る前に対策を講じた方が望ましいです。

どちらの材料でも、正しい設置を行わないと屋根材下の防水シートを傷つける場合があります。雪は

止まっても雨が漏ってきたのでは本末転倒です。正しい工事になるよう、最寄りの屋根工事業者を全瓦連加盟の業者にお問い合わせください。

適切なアドバイスが帰って来ますよ。

 

コメントを表示

雪おろしと共にリニューアル

投稿日:2013年01月19日

先週の肩慣らしを終え、今週より本格始動するはずがあいにくの雪。中一日の周囲の雪掻きと

屋根の雪下ろしを終えて、和型の陶器瓦から軽量の陶器瓦へ屋根のリニューアル工事を進めて

います。

先代の頃からの長いお付き合いなので、年始の工事にふさわしく元気に開始しています。

快適性を上げて、屋根の軽量化と経年劣化の起こらない工夫をもって施工を行っています。

出来あがりが楽しみなのですが、来週の天気が微妙な感じなので、雪が降らない事を願いつつ

安全に工事を進めています。

コメントを表示

巳年の一年が始まりました。

投稿日:2013年01月09日

本年も皆様方の熱い思いにお応えできるよう、様々な工夫と知恵を盛り込んで

工事を致します。今年もよろしくお願い致します。

弊社の玄関口には、昨年末に敷き瓦を敷きこんであるのですが、屋根工事業らしく

干支瓦も飾ってあります。日本家屋の少なくなってきた最近では、需要も落ち込ん

でいると、鬼やさんが年末に言っていました。

最近の住まいの傾向は、専業がかなり排除されシステムで形成される加工物が大変多く

なっています。古くなっても補修のしにくい物づくりは、風化が顕著ですから寂しいですよね。

家電製品のように、古くなったから買い替える訳にいかない皆様の財産がお住まいですから

長く安心してお暮らし頂けるような、そんな住まい造りを目指しております。

 

コメントを表示