屋根修理・屋根リフォーム・屋根葺き替え・屋根工事・雨漏り修理など屋根の事なら東京日野市の鈴木瓦店本店へ。

1966年創業。東京日野市の瓦店。新築・屋根替え・葺き直しから、雨漏り修理・雨どい清掃、大規模屋根改修工事等まで、屋根工事なら鈴木瓦店本店へお任せ下さい!

「屋根をオーダーメイドする。最高です。」鈴木瓦店本店ブログ

  • 屋根工事Q&A 屋根工事に関するよくあるご質問をまとめました!
  • スタッフ紹介 屋根のことなら私達にお任せ下さい!
  • 屋根の耐震リニューアル 当店独自の高耐久性耐震工法のご紹介です。
  • 新素材ROOGA 耐震性もエコも!新素材ROOGAのご紹介です。

株式会社鈴木瓦店本店

全日本瓦工事業連盟

防災・高耐久工事の投稿一覧

災害復旧工事

投稿日:2020年02月05日

暖冬の年始が続いていますが、皆様体調は如何ですか。

コロナウイルスに恐怖を抱きつつ、一刻も早く災害復旧が進むよう

工事を進めております。お待たせしている皆様、順番が解消されつつ

あります。今しばらくお待ちください。

昨年の台風は雨台風であったため、見た目には問題ないけれども、雨漏りが

起きている現場が多く見受けられました。

瓦の経年劣化と共に、年数経過で劣化が進行してくる主たる部分は

防水シートです。

近年の防水シートの進歩は素晴らしいものがありますが、20年以上前の

住まいでは過渡期の材料が多く使われています。

ビニール系の複合シートもその代表で、年数経過とともに口空き・穴あき

引き裂けが多く見られます。通常の雨では、瓦の機能で雨が漏ってくる事は

ないのですが、風を伴う雨の際には漏水につながるケースが多く、

瓦が再利用可能でも、屋根材ごと交換される工事が増えてまいりました。

剥がれない材料も素晴らしいのですが、飛ばない施工で快適性の向上を

行うことも大切な仕事の一つです。

昨年から、瓦再利用の上で防水シートを更新する工事も若干ながら増えて

おります。建物の健全性があってのことですが、引き続き住まいを守る

瓦屋根も再利用というエコロジーにつながっていますね。

大切な住まいをお守りできる工事を心がけてまいります。

コメントを表示

施工コンテスト2019

投稿日:2019年11月30日

暮れが近づき、急ピッチで工事を進めています。寒さも一段とぐっと冷え込んできて、冬の到来を感じています。

先日発表されました、ケイミュー施工事例コンテスト2019でルーガ賞を受賞いたしました。

お客様にご提案・施工した物件が評価を頂けたこと、大変光栄に思っています。

今年の施工分や来年分についても、更なる顧客満足度が向上する事を目指して

精進致します。

https://www.kmew.co.jp/2019contest/

コメントを表示

2018年度 東京1位を頂きました

投稿日:2019年06月28日

ようやく、昨年からの台風以降での遅延が通常の施工体制にまで戻しつつあります。昨年よりご迷惑をお掛けしているお客様、ご協力頂きありがとうございます。降雨による遅延以外は、概ねご連絡済みの予定内での施工となっています。今しばらくお待ちください。

2018年度において、ルーガ施工東京1位を頂戴し、また東日本2位の成績を収めることが出来ました。東京の片田舎から、情報を発信する機会を持ててとてもうれしく思っています。お客様と従業員・家族の協力を得て、地域貢献を進めることが出来ています。2019年度も残り半年ではございますが、引き続き皆様にご愛顧いただけるよう、精進してまいります。

コメントを表示

最強のプレミアム屋根材ーアルミ瓦での工事

投稿日:2015年08月04日

夏の真っただ中の屋根工事は、非常に過酷な現場となっています。皆様も急な外出を

お考えの際には、こまめな水分補給をお忘れないようにしてください。

さて、お盆前に引き渡しが続く施工現場が続いております。そうはいっても、工事どころでない

環境ですから、安全第一で作業を進めております。

先日引き渡しを無事に終えた、マンション傾斜屋根の現場です。

アルミの瓦屋根で施工をいたしました。

特色としては、

・非常に軽い(スレートの半分ほどでガルバリウムよりは若干重い程度)

・強度は屋根材としては最強である。(割れ・ヒビ・剥離などが起こる事は無い)

・間接固定施工を選べるため、夏涼しく冬温かい

・非常に優れた外環美でコンクリート等の建築物でもアルミ素地仕上げの場合モダンな仕上がり。

といった、最強の材料なのですが施工に一定の技術と施工価格が高価であるという点が

プレミアムな建材なのでしょう。

今回は、ダークグリーン仕上げにしたアルミ瓦ですが、希望の色に仕上げる事が出来るのも

受注生産の良さでもあります。

アルミ瓦

足場がとれるのがとても楽しみです。

コメントを表示

快適な新築工事ーS型の陶器瓦とガラス瓦 府中市

投稿日:2013年08月09日

今週はいつにも増して暑い日が続いています。明日までにお引渡しをしたい改善リニューアル工事と

S型の陶器瓦の新築工事、雨漏り調査と目白押しです。

残りは1F部分をお盆明けに再開するS型の新築工事も2Fは無事に完了です。

こちらは、長く快適にお過ごし頂く為に防水シートを遮熱性能も加えた物にアップグレードし、最近では

めずらしくなった、北側の採光を取り入れる為のガラス瓦を採用しています。

採光というとトップライトで光を取り入れる事が主流となっていますが、ガラスの瓦を使用すると同形状の

寸法で収めが可能になるために、漏水の心配や突風などによる雨漏りのリスクを減らす事が出来ます。

一年を通じて快適な生活と、防災性を考えた施工で地震や台風などから飛散する事も無い住まいが

もう一息で完成予定です。

コメントを表示

ツールバーへスキップ