屋根修理・屋根リフォーム・屋根葺き替え・屋根工事・雨漏り修理など屋根の事なら東京日野市の鈴木瓦店本店へ。

1966年創業。東京日野市の瓦店。新築・屋根替え・葺き直しから、雨漏り修理・雨どい清掃、大規模屋根改修工事等まで、屋根工事なら鈴木瓦店本店へお任せ下さい!

「屋根をオーダーメイドする。最高です。」鈴木瓦店本店ブログ

  • 屋根工事Q&A 屋根工事に関するよくあるご質問をまとめました!
  • スタッフ紹介 屋根のことなら私達にお任せ下さい!
  • 屋根の耐震リニューアル 当店独自の高耐久性耐震工法のご紹介です。
  • 新素材ROOGA 耐震性もエコも!新素材ROOGAのご紹介です。

株式会社鈴木瓦店本店

全日本瓦工事業連盟

工事日誌の投稿一覧

雨漏り注意 谷板金もリフレッシュ

投稿日:2013年10月05日

暖房が必要な程の急激な気温低下ですが、屋根工事は中断しても

お客様へのご提案資料を朝から準備しています。秋めいた気候は、

ひと足早い冬の準備を計画する時期でもありますね。

ここ数日続いております、台風時の雨漏り調査の依頼ですが、3件連続で

谷板金からの漏水が起こっていました。瓦屋根のお住まいであっても、屋根の

形状で谷がある形の場合には、板金の劣化も注意が必要です。

瓦の切り収めも、板金の納めも経年劣化と共に傷んできます。

お住まいのウイークポイントを知っておく事も、上手に住まいと付き合う秘訣ですね。

年内の予定はかなり厳しくなってきましたが、お悩みごとはいつでもご相談ください。

住まいに合わせた良い知恵をお貸しいたします。

 

コメントを表示

冬前の点検 屋根の調査

投稿日:2013年09月28日

台風被害の屋根工事も一段落しかけてきて、ようやく計画工事に入れます。秋めいた

季節が、日に日に増してきますね。

冬の前に雪止めの取付や、棟の積み直し等気になるところを点検しておく必要が

ありますね。漏水や落雪被害があってからでは遅くなってしまいますので、対応は

お早めに。

今回も多くのお問い合わせを頂きました、台風や地震に強い防災工法での棟の積み直し

も、積極的にお勧めしています。皆様のお住まいも、軽量化以外でも出来る防災対策が

ありますよ。お問い合わせはメールでも電話でもお気軽になさってくださいね。

コメントを表示

エコな技術を求めてー長野への出張

投稿日:2013年07月11日

猛暑も過ぎる先週からの天候ですが、屋根のカバー工法のリニューアル工事、新築工事と

立て込んできています。急いでいる時ほど落ち着いた気持ちで業務を行いたいのですが、

なかなかそうはいきませんね。

未来志向な技術を求めて、以前より相談していた工業機器の見学に長野まで行ってきました。

山間の気温は東京とさほど変わらない気温でしたが、精神的に涼しく感じましたよ。

これからの住まいを考えるに、とても有意義な時間を過ごす事が出来ました。

今の段階では詳しくお伝えできませんが、未来に向かって進んでいます。

コメントを表示

台風前の準備ー屋根点検

投稿日:2013年06月29日

6月は梅雨の影響で工事の進捗が思った以上にはかどらない、長雨の月と

なりました。雨漏りの点検依頼も多い月でしたが、工事着工が遅れていくとても歯がゆい

日が続いています。

さて、梅雨明けと共に心配事の一つとして台風に対しての備えです。

スレート屋根や板金屋根は、塗装後に加速度的に老朽化する事が多く見受けられます。

それは、水切れ対策の有無が関係します。屋根部分に限らず、板金部位の下地にも影響が

あります。

先日お伺いした雨漏りの物件では、漏水の一番の原因は防水層の劣化が最大の要因ですが、

塗装による板金下の木部が腐食し、傘になる板金が吹き飛ばされていました。

これからのシーズン、このようなお問い合わせが多くあります。屋根にお気づきの点がございましたら

些細な事でもご相談ください。

コメントを表示

防災工法の講習会

投稿日:2013年06月18日

梅雨らしい天気で工事の進捗が思う通りにいかないこの頃ですが、雨漏りのご相談も

増えています。ちょっとした瓦のずれから、雨樋等さまざまなお問い合わせを頂いて

いますが、天気と相談しながら調査していますので、大分遅れがでていました。

今日も6件ほど調査にお伺いしていましたが、訪問工事の営業で指摘された事項などで

心配な部分をご相談頂いたものがございました。

屋根診断については、外観や写真だけでは判断するのが困難です。飛び込み営業で

不審な点があった場合は、お近くの全日本瓦工事業連盟の所属店にお気軽にご相談ください。

適切な処置と良い知恵がありますよ。

そんな事を言いながらも、わが社の工事自体もかなりズレがおきていますが、外観美と機能性に

優れた屋根工事を行っていますので、いましばらくお待ちください。

さて、日曜日に防災工事のガイドライン工法の説明会に水道橋まで全社員で行ってきました。

どのような屋根材を使っても機能性と外観美を伴った工事にするには、経験と知識の両方が

不可欠です。

弊社の工事は、防災工事と屋根改善工法を最も得意としていますので目新しい知識は特には

無かったのですが、自分の工事を再確認するという意味ではとても大切な物になりました。

休みの日で職人も疲労が取れにくいこともありますが、正しい知識を共有するするのには意義深い

ものになっています。

コメントを表示