屋根修理・屋根リフォーム・屋根葺き替え・屋根工事・雨漏り修理など屋根の事なら東京日野市の鈴木瓦店本店へ。

工事日誌の投稿一覧

大雪前の調査

投稿日:2014年02月14日

本日は先々週に引き続き雪の東京となりました。今日の天気を見越して、可能な限りの養生と

調査を昨日行ってきましたが、午前中にお伺いした千葉県は東京以上の雪でした。

昨年からの宿題を何とか解決したいという思いで、調査と解決案を考えています。

そして、どうしても今日中の荷揚げが必要な多摩センターの改修中の工事を、人海戦術で

午前中の雪の降りが甘い時間に、なんとか完了致しました。こんなタイミングでの作業を手助け

してくれる、瓦問屋の所長さんに本当に感謝です。工事完了後に少しでも恩返し出来ればと

思っています。

大雪後のお住まいは、普段では起こらない漏水など様々な症状が起こります。お気づきのお困り事は

いつでもご相談ください。ただし、雪の場合は調査が雪解け後になりますのでかなりお待たせ致します事を

ご了承ください。

大雪の千葉

コメントを表示

今季初の雪の朝

投稿日:2014年02月05日

染み入る寒さの朝は、昨日の雪が残っている日野市です。思ったよりも被害の少ない雪に

少しほっとしています。昨日のうちに本日の現場は養生を行っていますので、雪下ろしを

考えなくても良い分、作業が大幅に遅れずに済みそうです。

雪が降った数日後は、雪止めのご依頼を頂戴する事が多いのですが、多くの場合落雪で

雨樋の破損や、隣家のカーポートを破損してしまった等被害が起こってからのお問い合わせに

なりがちです。

今回の雪ではそれほどでもなさそうですが、雪止めのないお住まいは一度ご相談下さい。

雪の朝

コメントを表示

冬空の調査 快適と防災のご提案

投稿日:2014年01月15日

空気の寒さを感じる一日のはじまりとなっている多摩地域ですが、冬らしい寒さですね。

この時期のお問い合わせで多い物は雪止めの取付などですが、あわせて暖房で汗を

かいた小屋裏の結露で、雨漏りのような症状がでているものもあります。

全てに優れた屋根はなかなか無いのですが、皆さんの目的に合った住み易い家に

出来ればと知恵を絞ってご提案しています。

さて、雨が降ると漏ってはこないけど雨音がするというお住まいの調査にお伺いしました。

割れ瓦と多摩

 

見晴らしの良い住まいなのですが、寒さも一段と凄い。

原因は何かの際に工事業者が瓦を割って、シリコンで応急手当をしていたものが

シリコンがとれて、屋根下が露出していました。

屋根面に心配な様子はないのですが、防水シートの劣化はスルメを焼いたように

クルンと反っています。これからの暮らしに応じたご提案が出来れば良いなと思っています。

現在、工事のご予約は春先まで一杯となっていますが、応急処置などの対応は準じ

行っています。お見積り、調査と合わせていつでもご連絡ください。

皆様のご要望に沿った快適な暮らしのご提案をおこなっていますよ。

 

 

コメントを表示

台風一過 風雨の漏水には

投稿日:2013年10月17日

台風通過前よりTVの取材申し込みや、漏水に関するお問い合わせなど多数頂いておりますが、

一見すると何の問題の無い屋根でも、隠れ漏水の危険性が潜んでいたりします。

屋根材全般に言える事なのですが、表面の屋根材は一般的な雨であれば軒先先端まで

上手に雨を運んでくれるのですが、風を伴った雨の場合では屋根材下の防水シートが劣化していて

雨漏りの原因となることが非常に多いのです。

この状況になってしまうと、応急的な処置は難しく大がかりな工事になってしまう事がほとんどです。

弊社の工事では、屋根材下の防水シートについても、屋根に合ったご提案をいたしますので

そのような心配はないのですが、一般的な工事では防水シートレベルまでご提案に加えることは残念ながら

一般的ではないのです。

とにかく、雨漏りが起こった場合には屋根専門業者にご相談ください。全日本瓦工事業連盟のHPから

お近くの業者にご連絡くださいね。良い知恵をお貸しいたします。

コメントを表示

雨漏り注意 谷板金もリフレッシュ

投稿日:2013年10月05日

暖房が必要な程の急激な気温低下ですが、屋根工事は中断しても

お客様へのご提案資料を朝から準備しています。秋めいた気候は、

ひと足早い冬の準備を計画する時期でもありますね。

ここ数日続いております、台風時の雨漏り調査の依頼ですが、3件連続で

谷板金からの漏水が起こっていました。瓦屋根のお住まいであっても、屋根の

形状で谷がある形の場合には、板金の劣化も注意が必要です。

瓦の切り収めも、板金の納めも経年劣化と共に傷んできます。

お住まいのウイークポイントを知っておく事も、上手に住まいと付き合う秘訣ですね。

年内の予定はかなり厳しくなってきましたが、お悩みごとはいつでもご相談ください。

住まいに合わせた良い知恵をお貸しいたします。

 

コメントを表示