屋根修理・屋根リフォーム・屋根葺き替え・屋根工事・雨漏り修理など屋根の事なら東京日野市の鈴木瓦店本店へ。

1966年創業。東京日野市の瓦店。新築・屋根替え・葺き直しから、雨漏り修理・雨どい清掃、大規模屋根改修工事等まで、屋根工事なら鈴木瓦店本店へお任せ下さい!

「屋根をオーダーメイドする。最高です。」鈴木瓦店本店ブログ

  • 屋根工事Q&A 屋根工事に関するよくあるご質問をまとめました!
  • スタッフ紹介 屋根のことなら私達にお任せ下さい!
  • 屋根の耐震リニューアル 当店独自の高耐久性耐震工法のご紹介です。
  • 新素材ROOGA 耐震性もエコも!新素材ROOGAのご紹介です。

株式会社鈴木瓦店本店

全日本瓦工事業連盟

工事日誌の投稿一覧

大雪前の備え

投稿日:2018年01月20日

年始より多数の工事のご依頼を頂きまして、皆様のお役に立てるような施工計画を立てております。

今年も、快適で安全な工事で暮らしを豊かにする工事を心がけていきます。

月曜日、ひょっとすると大雪の気配があるためその準備に追われていますが、各現場が今日中に

目途がつくように、各現場を回りながら塩化カルシウムの準備や除雪スコップの準備など

一通りの備えを行っています。

そして、お隣が新築されたお得意様の屋根に万べなく雪止めの設置を行っています。お互いの気遣い

の為に、最近は必要な事になっていますね。

雪が降ってからでは間に合いませんが、積雪後に気になるようであればご相談ください。

落雪によって、雨樋の破損やカーポートの破損など思わぬ出費がかさみますから、落雪抑止は

お早めにご検討ください。

 

 

コメントを表示

年内最終工事も無事に完了いたしました。

投稿日:2017年12月28日

本年も皆様にご愛顧頂きまして無事に業務が完了いたしました。

7月以降は業務の多忙に加え、台風の影響で緊急工事など中々思う通りに

進めることができず、ご迷惑をお掛け致しました。

本年度は、スタッフも増加し完了した物件においては満足度の高い施工を

行うことができました。

ご提案を受け入れて下さった皆様に、感謝申し上げます。

本年最後の大工事は、八王子市の恩方漁協の改修工事でした。

12月の八王子の奥地は、道路も凍結し、たどり着くにも中々でしたが

工事も無事に完了し、ほっとしております。

来年も皆様に最良の工事をご提案できますよう、社員一同力を合わせて

工事を行います。

皆様にとって、望み叶う年になります事を心より願っております。

株式会社 鈴木瓦店本店

コメントを表示

#屋根の日統一活動 屋根の上から

投稿日:2017年08月08日

台風一過の天気とはいきませんが、東京はさほどの被害もなく、工事中の物件も何事もなく

少し安心しました。全国的にはかなりの被害があったようで、皆様のお住いにおかれましても

無事をお祈りしております。

本日8月8日は屋根の日でございます。末広がり縁起の良い日ですね。わたくし共では7月末より

大型物件の改修工事を行っております。セメントの瓦から遮熱の軽量陶器瓦に変更して、屋根の

耐久性・居住性の向上と外観美にすぐれた工事を行っております。

現在のところ、ご予約の工事で暮れまで工事が入ってきております。

皆様のお住いが快適になるよう全力で施工してまいります。

コメントを表示

梅雨入り間近。

投稿日:2017年06月06日

5月より猛暑の入り口のような暑さと、梅雨入り間近のような天気が続いております。5月よりGWの遅れを取り戻すべく、密な施工を行っております。お待たせしている皆様には大変ご迷惑をおかけしております。また、巡回している不正工事の調査をご希望の皆様にも、順番で調査をしております。不審な営業があった際には、弊社もしくは日野市消費者センターで一度ご相談ください。

7月から施工する大型物件の材料選定に、愛知県の瓦メーカーに出張に行きました。その際に瓦美術館と熱田神宮にも立ち寄りながら、瓦に触れ陶器の持つ温かみを再認識してきました。最近の軽量瓦では、釉薬に高反射素材を組み込んだ、軽量の陶器瓦もございます。塗装と違い、効果は半永久的です。屋根の軽量化と共に、是非ご案内したい優れた素材ですね。

今回は時間の余裕がなかったため、立ち寄れませんでしたが熱田神宮境内の宮きしめん食べたかった

です。

コメントを表示

台風養生 飛散物の撤去は早めのご連絡を。

投稿日:2016年09月08日

夏の終わりから毎週のように台風が近づいています。関東の水がめについては、十二分に補充されたことだと思います。

最近の天候は、過去10年以上と比較して極端な暑さと寒さが続き、日本らしい四季のある天候とはかけ離れています。

労働環境も35度を超えるような暑さで非常に厳しい状況が続き、ようやく夏の暑さを過ぎると大型の台風によって

工事の遅延が続いています。

皆様からのご相談で、屋根頂上部の鉄板飛散や雨樋のずれなど、屋根に付帯する工事についても多数お問い合わせが

続いています。

どこに連絡したらわからない工事などは、元々のお住まいを建てられた大工さんが対応してくれます。地域の相談所として

ご近所の良心的な大工さんと、普段からお付き合いしておくと頼りになりますよ。

お近くに相談できる方がいない場合でも、多摩エリアの皆様は私にご相談いただいても頼りになる大工さんをご紹介いたします。

もちろん、外構廻りの工事については、細かな課題も弊社までお気軽にご相談ください。

9号・10号と連続した台風では、マンションから戸建てまでさまざまに漏水・飛散のご連絡を頂いています。

一時補修などを行いながら、各地に飛び回っています。

先日も、お客様から屋根と破風が飛んで行ってしまった。すぐにでも補修してほしいと連絡がありました。とても大事になったと

お伺いしたところ、棟板金の飛散が起こっていました。応急措置をしてすぐに補修が完了しました。屋根から板金がぶら下がって

いたら心配になりますね。

緊急工事については、順番をいれかえて対応しています。お住まいの状況でわからない場合は、皆様の言葉で具体的にご報告を

頂けると、対応も早く費用も抑えることができますよ。お近くの工事店にご相談される際は、覚えておくと良い点ですね。

%e5%8f%b0%e9%a2%a8%e6%a3%9f%e6%9d%bf%e9%87%91%e9%a3%9b%e6%95%a3

コメントを表示

ツールバーへスキップ