屋根修理・屋根リフォーム・屋根葺き替え・屋根工事・雨漏り修理など屋根の事なら東京日野市の鈴木瓦店本店へ。

1966年創業。東京日野市の瓦店。新築・屋根替え・葺き直しから、雨漏り修理・雨どい清掃、大規模屋根改修工事等まで、屋根工事なら鈴木瓦店本店へお任せ下さい!

「屋根をオーダーメイドする。最高です。」鈴木瓦店本店ブログ

  • 屋根工事Q&A 屋根工事に関するよくあるご質問をまとめました!
  • スタッフ紹介 屋根のことなら私達にお任せ下さい!
  • 屋根の耐震リニューアル 当店独自の高耐久性耐震工法のご紹介です。
  • 新素材ROOGA 耐震性もエコも!新素材ROOGAのご紹介です。

株式会社鈴木瓦店本店

全日本瓦工事業連盟

未分類の投稿一覧

新しい時代に向かって

投稿日:2020年06月01日

5月を終えて、皆様と共に苦しい期間を1歩づつ乗り越えようとしています。

様々な業種において、今後の事業継続について取り組みをなさっていることと

思います。

弊社でも、4・5月度においては週末の工事自粛、保護マスク・手洗いの徹底

など、想定される対策を従業員と共に行ってまいりました。

外構工事の為、今後の夏作業での熱中症対策など課題は山積みです。

まずは、お客様の安全を第一に考え、そして従業員と家族の安全を万全にして

未来の工事においても、皆様の生活をお支え出来るよう、つぶれない事を

目標として、快適な住まいのサポートをできる体制を充実させていきます。

今後の酷暑対策・台風や地震に強い住まいづくりを徹底して、皆様のお役に立てる

事業運営を目指してまいります。

5月GW明けに日野橋も無事に開通しました。

人間の知恵と努力で直らないものは無いと思っています。

 

コメントを表示

酉の市

投稿日:2019年11月28日

台風工事でお待たせしております皆様、年末までペースアップして対応しております。今しばらくお待ちください。

今年は一の酉は、間に合わず二の酉にお邪魔してきました。

今年のお礼をお伝えして、来年の熊手を頂きました。清々しい気持ちでいっぱいです。皆様のご要望にお応えできるよう、精進してまいります。

そして、先日の視察にお伺いした際の長野の山寺があまりにも美しかったので、

その風景を。

コメントを表示

台風工事とその対策

投稿日:2019年10月20日

今週もまた、新たな台風の発生に心を痛めています。被害にあわれた皆様、お待ち頂いているお客様、全力で対応を行っております。現在のところ、日野市内を中心に災害復旧対策を行っております。順番でお伺いしている最中です。今しばらくお待ちください。

先日の台風19号の際、現場事務所に泊まり込みで災害対応にあたっていました。居住中の住まいの工事では、新築工事と異なり財産の保護・飛来落下災害への対応など、神経をすり減らしながらの対応となります。

今台風の最中も、弊社工事では瓦の一枚飛ぶことなく、また漏水などあるわけもなく対応が完了いたしました。

また、改修実績No1であるルーガについては、工事中の屋根材であっても落下も破損もなく、その強靭さと静粛性・高級感が失われることなく何事もなかったかのように、朝を迎えました。

私共が取り組んでいる安全な改修は、全ての地域の皆様に安心して居住中の住まいを施工する工事となっております。屋根の種別に関係なく、皆様のお住いをお守りいたします。

無事に朝を迎えて、昼過ぎに帰路に就いたところ住まい近くの日野橋が崩落の危機で、通行止めとなっておりました。全ての皆様に安心を届けられるよう、精進してまいります。

コメントを表示

安全祈願と改修工事

投稿日:2019年08月29日

ブログ更新が遅く、何やっているのかとお叱りを頂くところでございますが、改修工事調査や、近隣の屋根改修工事に天候と相談しながらアタフタと工事を行っております。

ようやく、暑さのピークも抜け秋の入り口に差し掛かってまいりました。そうはいっても、九州のゲリラ豪雨や台風懸念など災害の心配は尽きることがありません。昨年ご迷惑をお掛けした皆様に万全の対策できるよう、社員一同努力を重ねております。

さて、来月から大規模工事の改修工事を予定しており、その間の別工事が滞りないように、準備を進めています。

そんな中、長らく頑張ってくれたトラックがいよいよ寿命を迎え、地元ヒノトラックの2t車を無事に迎えることが出来ました。期待以上の素晴らしい車で、皆様の工事を支える素晴らしい相棒です。

最近、近隣にお住いの皆様から、訪問事業者からの営業を受けてご不安があり、たくさんのご相談を受けています。些細な事でもまずはお気軽にご相談ください。最適なご提案をお届けいたします。

コメントを表示

ようやくの新年

投稿日:2019年01月19日

2019年も半ばが過ぎ、ようやくブログの更新が行える状況まで来ました。

昨年は、24号の台風以降工事要請が鳴りやまず、皆様に大変なご迷惑をお掛け致しました。120%の労力で、土日祝休みなく年末まで調査にあたっておりましたが、ようやく調査の終わりが見えてきました。お待たせしている皆様にも、月内もしくは来月にはお伺いできる用意が出来ました。今しばらくお待ちください。

台風前より着工しております、茅ケ崎駅前の集合住宅もようやく終わりが見えてきました。台風時には、施工前の棟では屋根が飛散するアクシデントもおこりましたが、ようやく終わりのめどがついてきました。

もう1棟のめじろ台の集合住宅も同時期に着工しておりますが、こちらの年度内での引き渡しも目途がついてきてホッとしています。あとは、雪が降らないことを祈るばかりです。

スレートの物件では、RC構造体に屋根下地が設けてあるのですが、空気の動きが無いために換気を行うことが出来ず、劣化遅延対策がなかなか難しい所です。以前の物件で提案していた補強対策が、メーカー標準工法に採用され強風エリアでの施工においても、安心して工事を行うことができます。最近の台風はハリケーンのような大型のものが懸念されるため、耐震に加えて耐久性の向上も大切な要素ですね。

今年も皆様の期待に応えられるよう、職人ともども精進してまいります。

コメントを表示

ツールバーへスキップ