屋根修理・屋根リフォーム・屋根葺き替え・屋根工事・雨漏り修理など屋根の事なら東京日野市の鈴木瓦店本店へ。

鈴木瓦店本店のブログ

東京都日野市にあるすずきかわら店は僕の生まれた所。皆さんには、本当に良い物を届けたい。
だからどんな事をしているか紹介していきますよ。

2018年度 東京1位を頂きました

投稿日:2019年06月28日

ようやく、昨年からの台風以降での遅延が通常の施工体制にまで戻しつつあります。昨年よりご迷惑をお掛けしているお客様、ご協力頂きありがとうございます。降雨による遅延以外は、概ねご連絡済みの予定内での施工となっています。今しばらくお待ちください。

2018年度において、ルーガ施工東京1位を頂戴し、また東日本2位の成績を収めることが出来ました。東京の片田舎から、情報を発信する機会を持ててとてもうれしく思っています。お客様と従業員・家族の協力を得て、地域貢献を進めることが出来ています。2019年度も残り半年ではございますが、引き続き皆様にご愛顧いただけるよう、精進してまいります。

コメントを表示

マンション屋根の瓦

投稿日:2019年05月21日

梅雨入りのような天気が続き、また本日は記録的な豪雨に見舞われている東京です。今年は天候に恵まれていましたが、ここにきて天候の崩れが突然見受けられます。今だ工事が完全にペースを取り戻せないところではありますが、ピッチを上げて取り組んでいます。長らく待たせしている皆様、ようやく見通しが立っております。完全な工事でお引き渡しをするために、今しばらく待ちください。

昨年よりお待たせしている、マンション屋根の点検をようやくお伺いすることが出来ました。特別問題も無く作業は完了しましたが、千葉県印西市のこの物件にお伺いするのは、工事以外に楽しみにしていることがあります。JAの直売所が大小沢山あり、帰りにお土産にしている野菜や果物がとても安くておいしいんです。

老後はこんな素敵な街に住みたいと思わせる、工事中も和やかになる素敵な街でした。

そして、ことしも事務所の前の用水にかわいいお客さんが来てくれました。

コメントを表示

GWまでの道のり

投稿日:2019年04月24日

夏が近づいたかのような晴天が続いております。週末に向けて天候の崩れはございますが、物流が止まる連休までに少しでもお待たせしている物件の完成を急いでおります。

お待たせしております工事については、かなり進んできております。今しばらくお待ちください。

今月は天候も良く、作業着も軽装となって工事の進捗も思う頻度で進めることができています。今月完成の集合住宅も、大変お待たせいたしましたが外装工事がすべて完了し、無事にお引き渡しとなっております。エントランスの雰囲気とシングルのタイル色がマッチして、美しい屋根に仕上がりました。


皆様のGWの予定は決まっておりますか。元号の変わる5月に、新たなスタートを切って、皆様のお役に立てるよう精進してまいります。

コメントを表示

眺めの良い家

投稿日:2019年03月13日

年明けも今だ収まらない災害復旧に追われる日が続いております。今だ多数のお客様には、大変ご迷惑をお掛けしております。私共の工事は、長く安心してお暮し頂ける屋根工事を目指して作業を行っております。お時間を頂くなりの理由もございます。ご迷惑をお掛けしておりますが、今しばらくお待ちください。

屋根の1/3が台風で吹き飛んだ家も、方針が決まりようやく着工しました。一時養生も大分時間がたって、再度やり直しなど行っておりましたが、ようやく完成です。こちらのお住いは、お伺いするのに4F分の階段を上った先にあるお住いで、撤去するにも人力での大変な作業です。運搬を終えて、完成した時の南西の眺望は絶景です。再建築不可の物件だとは思いますが、可能な限り長くお使い頂きたいお住まいになりました。

コメントを表示

ようやくの新年

投稿日:2019年01月19日

2019年も半ばが過ぎ、ようやくブログの更新が行える状況まで来ました。

昨年は、24号の台風以降工事要請が鳴りやまず、皆様に大変なご迷惑をお掛け致しました。120%の労力で、土日祝休みなく年末まで調査にあたっておりましたが、ようやく調査の終わりが見えてきました。お待たせしている皆様にも、月内もしくは来月にはお伺いできる用意が出来ました。今しばらくお待ちください。

台風前より着工しております、茅ケ崎駅前の集合住宅もようやく終わりが見えてきました。台風時には、施工前の棟では屋根が飛散するアクシデントもおこりましたが、ようやく終わりのめどがついてきました。

もう1棟のめじろ台の集合住宅も同時期に着工しておりますが、こちらの年度内での引き渡しも目途がついてきてホッとしています。あとは、雪が降らないことを祈るばかりです。

スレートの物件では、RC構造体に屋根下地が設けてあるのですが、空気の動きが無いために換気を行うことが出来ず、劣化遅延対策がなかなか難しい所です。以前の物件で提案していた補強対策が、メーカー標準工法に採用され強風エリアでの施工においても、安心して工事を行うことができます。最近の台風はハリケーンのような大型のものが懸念されるため、耐震に加えて耐久性の向上も大切な要素ですね。

今年も皆様の期待に応えられるよう、職人ともども精進してまいります。

コメントを表示